本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0835-21-5533

点滴注射療法について

点滴注射治療メニュー 

点滴注射療法は保険外診療です

点滴治療メニュー表(会員用)

初回の点滴注射療法は、医師からの説明(カウンセリング)および同意書が必要となります。 
   高濃度ビタミンC点滴治療の際にはG6PDの血液検査があります(2,000円)

コース

時間

効果

値段(税込み)

赤にんにく注射

(疲れたときに)

注射5

疲労回復・食欲改善

1,000

にんにく

(元気回復に)

注射5

速攻性の疲労回復

二日酔い

1,000

マイヤーズカクテル

(特別な点滴を)

点滴30

強力な疲労回復

栄養補給,老化防止

7,000

(初回5,000円)

高濃度ビタミンC点滴

ハーフコース12.5g

点滴40

脳細胞活性化,免疫力向上

疲労回復・かぜ予防

8,000

(初回6,000円)

 

高濃度ビタミンC点滴

フルコース25g

 

点滴60

認知症予防,脳細胞活性化,

老化防止全般

がん予防

がん治療中の補助療法

慢性疲労・インフルエンザ

 

15,000

(初回10,000円)

グルタチオン点滴
800mg

点滴30

アンチエイジング
慢性肝機能障害
慢性疲労症候群

 

医師の治療計画

7,00015,000

初めての方は電話にてご予約ください。
初回は月曜日〜水曜日の午後に
カウンセリングと治療計画を行います。
 
    
注射は
1週間に12回、点滴は1ヶ月2〜3回をおすすめします。

これらは、全て保険外の自由診療です。カウンセリングの後、
同意書にサインを頂き、会員となれます。







点滴治療メニューの説明

  • にんにく注射療法

    対象:即効性をお求めの方へ
    時間:5分程度

     にんにく注射と言っても、にんにくのエキスが入っているわけではありません。
    ビタミンB1を中心とした静脈注射で,薬剤臭がにんにく臭に類似していることから、この名がついたと言われています。
    また、注射後、元気が出ることも、にんにくのイメージと合っています
    ドリンクや錠剤ではなく、ダイレクトに血管から注射することで、いち早く効果が出現します。

         とにかく、「これから!」が必要な方におススメします!






マイヤーズカクテル点滴療法

対象:体調不良で困っている方へ即効性の効果
時間:3040分程度時間をかけてゆっくり点滴していきます

 風邪や発熱後の全身倦怠感、食欲不振、慢性疲労、体力低下、慢性不眠などで、
なんとなく体調不良を感じているのは、身体の体液組成が乱れているのです。
つまり、ビタミンB1・B2B3B5B6・ビタミンCのバランスが崩れています。
これらのビタミン類を程よく配合した点滴を行います。







高濃度ビタミンc点滴療法

対象:脳の活性化,老化防止のために,(免疫向上,美白,シミ予防,がん予防)
時間:60120分前後
(腎機能障害・透析中の方、G6PD欠損症の方は対象外です。)

   点滴頻度は月1〜2回 1回あたり25gがオススメです。


高濃度ビタミンC点滴は、大量高濃度のビタミンCを点滴することで、ビタミンCの血中濃度を急激に上昇させます。短時間でビタミンCが全身に行き渡りますので、高い抗酸化作用が得られます。(口から摂取するアプリ、そのほとんど尿に排泄されます)
「美肌」や「アンチエイジング」に効果があるのは勿論のこと、「抗アレルギー作用」から「抗がん治療」にいたるまで様々な効果を期待できます。結果的に、全身のアンチエイジングにも有効です。
軽度認知障害MCIは、脳細胞の老化(=酸化)が徐々に進行し脳機能が低下することによって生じている状態です。
酸化を抑えることによって脳細胞が十分に機能し、細胞内のエネルギーが供給できるようになることで脳代謝が活性化します。 つまりアンチエイジング(抗老化)は認知症予防と密接に関係しています。

最近の研究#1では、日本人では、アポE4(中枢神経で脂質の代謝に関わっているタンパク質)をもっている人は、もっていないは人と比べて、アルツハイマー病発症のリスクが約3.9倍になることが報告されています。
女性では、アポE4をもっていることは、強力なアルツハイマー病発症の危険因子となると考えられています。しかし、認知機能の低下を防ぐ方法は分かっていませんでした。
しかし、この研究では、血中ビタミンC濃度がもっとも高い群は、もっとも低い群と比べ、認知機能の低下(認知症または軽度認知障害の発症)のリスクが減少することが判明しました。
脳細胞が老化過程にある状態を,大量高濃度ビタミンCの抗酸化作用により,
老化の原因とされる活性酸素を減らし,脳の若返りを目指します。

老化が気になる方、毎日元気に過ごしたい方におすすめです。

出典#1)
血中ビタミンC濃度が高いと将来の認知機能低下リスクを減少できる可能性」 
                     
(日本医療研究開発機構(AMED)などの研究結果)








グルタチオン点滴療法

対象;アンチエイジング、慢性肝機能障害、疲労回復、老化防止
時間:60120分程度
   (グルタチオン800mgを点滴、月1〜2回の点滴をおススメします)

グルタチオンは、3つのアミノ酸「グルタミン酸」、「システイン」、「グリシン」を原料とし て、体内でつくられます。グルタチオンは、体の毒物を体外に出し、細胞を活性化させます。グルタチオンは脳にとって最も重要な抗酸化物質の一つであり、脳を様々な有害物質から守る役割を担っています。

パーキンソン病患者の脳内においてはグルタチオンが減少していることが報告されており、イタリアのSassari大学のチームが実際にパーキンソン病患者に グルタチオンを点滴投与したところ症状の著名な改善が認められました。米国においてはDr.Perlmuterがこの治療法を積極的に取り入れ有効な治療であると報告されています。現在では南フロリダ大学において臨床研究が進行中です。

 注意事項
点滴注射療法は健康保険医療の対象外であり、初診料、再診料、臨床検査、処方、紹介状なども
含め全て自費診療となります。

治療効果には個人差があり効果は確約できるものではないことをご了承下さい



高濃度ビタミンC注射での「がん治療」ご希望の方は、別途ご相談して下さい。

グルタチオン点滴での「パーキンソン病」「レビー小体病」の治療をご希望の方は
別途ご相談下さい。

kimura Brin Clinicビルダークリニック

〒747-0825
山口県防府市新田780-3
TEL 0835-21-5533
FAX 083521-5540